【PC&スマホ】Metamaskウォレットの作り方を解説

「Metamaskってどんなウォレット?」

「Metamaskの使い方を知りたい!」

今回はそんな疑問を解決するための記事となっています。

MetamaskはPCとスマホの両方で使うことのできるWebウォレットです。

イーサリアム系の様々なトークンを保有することができます。

今回はMetamaskの作成方法をPC版、スマホ版に分けて解説していきます。

Metamaskのメリット

まず使い始める前に、メリットとデメリットを学んでおきましょう。

1.簡単にウォレットが作成できる

なんといってもMetamaskのいいところはコレです。

詳しい使い方は後ほど解説しますが、取引所と違ってメールアドレスの登録などが必要ありません。

ブラウザのGoogle ChromeやFirefoxのアドオン(拡張機能)で使うことができます。

1分くらいあればササっと作れてしまいます。

2.複数のウォレットも作成できる

Metamaskは作成が簡単な上に、ウォレットを複数持つことも可能です。

これにより、使用用途を分けて通貨を保有することができます。

3.DAppsを利用するために不可欠

DAppsとは、ブロックチェーン上でスマートコントラクトを利用することで動くアプリケーションです。

イーサリアムのスマートコントラクトが主流です。

活用例としては、分散型取引所(DEX)、ゲームなどが挙げられます。

様々なDAppsを利用するためにMetamaskウォレットと同期をする必要があることが多いですので

ブロックチェーンの世界を楽しむためにもMetamaskは不可欠な存在と呼べるでしょう。

Metamaskウォレットの作成方法

ここからは、画像付きで実際のMetamaskウォレットの作成方法を解説していきます。

まずは、PC版から。

PC版Metamaskウォレット

GoogleChromeの拡張機能を例に取り上げます。

まずは以下リンクより、MetamaskをGoogleChromeに追加します。

Metamask – GoogleChrome拡張機能

「Chromeに追加」をクリックします。

 

「はじめる」をクリックしましょう。

「ウォレットの作成」をクリックします。

パスワードを決定します。

シードフレーズという、英単語のパスフレーズが出てきますので

こちらをコピーしてどこかに保存しておきます。(一部伏せております)

必ず、自分以外には分からない場所に保存しましょう。

先ほど保存しておいたシードフレーズを順番に入力していきます。

入力に間違いがなければウォレットの作成が完了します。

「安全に保管するためのヒント」はよく読んでおくようにしましょう。

この画面になっていれば、正しくウォレットが作成できています。

 

スマホ版Metamasウォレット

ここからはスマホ版の解説をしていきます。

まずはアプリをインストールしましょう。

iOSの方はこちら

Androidの方はこちら

インストールができたら、アプリを開きましょう。

今回はiOS版を用いて解説しますが、Android版も同じ操作で進めていきます。

アプリを開くと、上の画面になります。開始をタップします。

ここで、PC版ウォレットを既に作成している方は、「シードフレーズを使用してインポート」

PC版を作るときに保存しておいたシードフレーズをこちらで入力することでPC版と同じウォレットにログインすることができます。

ここでは、スマホ版で新規にウォレットを作成することにしますので「新しいウォレットの作成」をタップします。

ウォレットの作成に進むと、最初にパスワードを設定します。

その後、PC版と同様に複数の英単語で構成されたシードフレーズが出てきますので

こちらも同様に保存しておきましょう。

「続行」を押せばウォレットの作成は完了です。

 

Metamaskのメイン画面です。

黒枠で隠している部分にアドレスが記載してあります。

 

Metamaskの入金・送金方法

次に、Metamaskの実際の使い方を解説します。

PCもスマホも同様の操作になりますので、ここではPCで開設します。

すべて、こちらのメイン画面から行います。

Metamaskの入金方法

メイン画面の入金をクリックします。

「Etherを直接入金」をクリックします。

アドレスが表示されますので、こちらに送金すればOKです。

Metamaskの出金方法

メイン画面から「送金」をクリックします。

上の画面が表示されますので、こちらに送金先のアドレスを入力すればOKです。

非常に簡単に使うことができます。

最後に応用としてMetamaskの醍醐味でもある、カスタムトークンを追加してみましょう

Metamaskでカスタムトークンを追加する

イーサリアムのカスタムトークンというのは、簡単に言えばイーサリアムをベースに作った仮想通貨のことです。

Metamaskではイーサリアムのみならず、これらの仮想通貨も取り扱うことが可能です。

今回は、BATという仮想通貨を例に追加方法を解説します。

入金・送金と同様にメイン画面から操作を行います。

「トークンを追加」をクリックします。

上の画面になります。

「トークンコントラクトのアドレス」に、追加したい仮想通貨コントラクトアドレスを入力します。

今回は例に使うBATのコントラクトアドレスを入力します。

入力すれば、自動的に通貨の名前が出てくるようになってます。

そのまま「次へ」をクリックすれば、カスタムトークンの追加は完了です。

このようにメイン画面に追加したトークンがあるはずです。

以上が、カスタムトークンの追加方法です。

 

Metamaskウォレットまとめ

 

今回は、Metamaskウォレットについて解説してきました。

仮想通貨を存分に使いこなすには必須レベルと言っても過言ではないでしょう。

スマホでもPCでも簡単に扱うことができるのでお手軽です。

ぜひ参考になれば幸いです。